見やすく、わかりやすい!理想的なホームページの作り方

ページを軽くして見やすくしましょう

ホームページは、企業やサークルを紹介するときに便利なツールです。スマートフォンやパソコンで気軽にどこからでも閲覧できる利点があります。
ホームページには多くの情報を掲載できますが、掲載方法によっては見難くなってしまうので注意が必要です。見やすいホームページにするためには、1ページあたりの文字数や写真の数を一定以上にならないようにしましょう。情報が多すぎるとデータが重くなるため、スマートフォンなどで表示するのに時間がかかり見にくいと感じさせます。写真は画素数が大きい方が綺麗ですが、データ量も大きくなるので注意が必要です。大きな写真は、1ページに何枚も表示しないようにします。何枚もホームページで掲載したいときは、目次を作成して分けておくのがお勧めです。

色のコントラストは見やすさを左右します

ホームページを見やすくするためには、デザインや配色も重要です。背景と文字に同系色を使うと、文字が読みにくくなります。文字の大きさは、小さすぎると使っているスマートフォンなどツールによっては見難くなるので注意が必要です。大きすぎるとホームページのデザインを損なってしまうので、適度な大きさにします。
ホームページの背景は印象を大きく左右するので慎重に選びましょう。背景に壁紙と呼ばれる模様を入れるのも個性的になります。模様を入れる際には、文字が見えにくくならないように注意する必要があります。ホームページ上のメニューはデザイン性も重要ですが、小さすぎると気がついてもらえない可能性があります。色々なページへ行きやすくするためには、ある程度メニューを大きくする見やすくなるのでおすすめです。

ホームページ作成の見積もりは、どの業者に依頼するのかを決めるための資料の一つです。できれば、複数の業者で比較するのがいいでしょう。

© Copyright Step-up Homepage. All Rights Reserved.